「就活ってなんだかおかしい」違和感を感じる若者対象の「就活アウトロー採用」とは?

  • TOPIC
  • 就活ニュース

「就活ってなんだかおかしい」違和感を感じる若者対象の「就活アウトロー採用」とは?

「リクルートスーツを着たくない」「自己PRや志望動機なんて全く思いつかない」「そもそも就活っておかしくない?」
大学3年生の終わりから4年生にかけて一斉にスタートする就活。ESや面接に積極的に取り組み内定を順調にゲットする学生がいる一方で、「就活はおかしい」と日本の就活に馴染めずにいる就活生・既卒生も少なくありません。就職はしたいが、「就活」には向いていないと感じる若者たち。そんな方たちを対象とした就職サービス「就活アウトロー採用」が2016年に開催されます

「就活アウトロー採用」は、特定非営利活動法人キャリア解放区によって運営されるイベント参加型の就職サービスです。
2012年からスタートし、開催は今年で4年目。対象となるのは就職を希望するものの、日本式の就活に違和感を覚える29歳までの若者で、新卒既卒は問いません。また、イベント参加時の髪型や服装は完全に自由です。

就活アウトローサービスは一般的な就活とは異なり、エントリーシートや面接は一切ありません。最初に参加者同士で合宿・ワークショップを行った後、企業と自由なテーマで話し合う「セッション」、内定へ向けてお互いの理解を深める「マッチング」が設けられます。この間志望動機や自己PRを考える必要はなく、常に本音で企業と対話することが可能です。
内定までは2ヶ月ほどを要し、採用された企業との交渉次第で入社時期を調整することも可能。昨年度はIT、人材、出版などの企業が採用に参加したとのことです。

仕事を見つける方法は決して1つではありません。今回ご紹介した就活アウトロー採用以外にも、自分にあった仕事を見つける方法は様々です。「就活はおかしい」という違和感を無理やり押し込めて就活に取り組むよりも、それ以外の自分にとって心地よい方法を模索してみてはいかがでしょうか。