就活面接、NG質問、NG回答に気を付けよう

  • TOPIC
  • 就活トピック

就活面接、NG質問、NG回答に気を付けよう

就活で内定を獲得する上で、避けては通れないのが就活面接です。多くの就活生は面接の際の質問や回答で失敗し、苦い経験をするものです。失敗は成功の元であり、失敗しない就活生はいません。ただできるだけ失敗はしないほうが良いのもまた事実。そこで今回は就活面接で気を付けたいNG質問、NG回答をピックアップし、ご紹介します

1ぼく就編集部厳選!NG質問3選

1. 自分で大丈夫でしょうか?

現時点で社会人としてやっていく自信がないのはわかります。ただ面接官に聞くことではありません。企業はこの会社でやっていきたい、頑張りたいと思っている学生を求めています。

2. 御社の事業内容について詳しく教えていただけますか?

ホームページを見れば書いてあります。自分がしっかり準備してきていない、この会社が本命ではないということがこの一言でわかってしまいます。事業内容はもちろんですが、ホームページを見ればわかるような質問は基本的にNGです。

3. 新卒の場合、ボーナスはどの程度支給されるのでしょうか?

まだ働いてもいない段階でボーナスについて聞くのはナンセンスです。ボーナスは本来会社の業績に貢献したことに対するインセンティブです。新卒にもボーナスは支給されますが、それは将来の成長に対する企業側の投資です。ボーナスに期待する前に、まずは仕事に対する興味を持ちましょう。社会人としての実力がついたあとでボーナスについて考えても決して遅くはありません。

2ぼく就編集部厳選!NG回答3選

1. この会社をステップアップに社会人として成長していきたい

将来起業したい、将来は海外で働きたいというのも同種です。一部の企業はバイタリティのある学生だと評価してくれるケースもありますが、それもずば抜けた能力がある学生に限定されます。多くの企業の採用担当者は、目の前の仕事ができるようになる前に何を言っているんだと思うはずです。入社を前にその会社を踏み台にしたいという発言はプラスにはなりません。そういう想いは胸に秘め、会社に入り、結果を出した後実現しましょう。

2. (何か質問はありますか?と聞かれ)質問は特にありません

質問がないということはその会社について、真剣に調べていないということです。きちんと会社のホームページの企業情報や会社概要、採用方針を調べていれば質問したい事項が出てくるはずです。企業はその質問内容でその人の性格やどういう事に興味があるのかを見ています。質問はと聞かれた場合、2~3個はすぐに質問ができるよう準備しておきましょう。

3. 業界を限定せず、いろいろな業界の採用試験を受けています

一見問題ない回答のように思いますが、業界を絞っていないということは、企業の採用担当者にとって、どの業界で働きたいのかが見えずらく、御社が本命ですと言われても信じられなくなります。いろいろな業界を受けるのがいけない訳ではありませんが、業界研究をしっかり行い、ある程度業界を絞って受けたほうが質問への回答が洗練され、内定獲得の確率が上がるでしょう。

今回の就活トピックでは代表的なNG質問とNG回答をピックアップしご紹介しました。今回ご紹介した3つの質問・回答以上にNGなのは、面接の準備をきちんとせずに臨む就活生です。

ありのままの自分を見て欲しいという姿勢は単なる努力不足であり、自分を正当化するための詭弁でしかありません。
きちんと準備しきちんと企業と向き合い、就活に真摯に取り組めば、きっと自分の希望に合う良い企業と出会えるはずです。

就活生はこれからが勝負!就活面接にしっかり向き合い、内定獲得を目指しましょう!