HOME > 就活TOPIC > 12月就活解禁―今の時期にやるべきことは?

面接対策

楽天学割

お薦めコンテンツ

SPECIAL INTERVIEW 就活生必見!楽天学割の魅力

面接相談室|「正解」のない就活の疑問や悩みを編集部が一緒に考え、わかりやすく回答。

就活ニュース

就活ニュースでは、最近の就活の傾向や用語、少し変わった採用試験などを紹介しています。

12月就活解禁―今の時期にやるべきことは?

12月1日、2015年度の就職活動が解禁になりました。リクナビ、マイナビといった大手就活サイトでは本格的にエントリーが始まり、これから徐々に会社説明会が開催されていくでしょう。12月の就活解禁の時期にやるべきこととは何でしょうか?

まず、基本はエントリーと会社説明会への参加です。現段階では、最初から1つの業界や職種に絞るよりも、できるだけ多様な業界・職種にエントリーし、説明会に参加しましょう。今まで十分に業界研究・職種研究を行ってきた人でも、実際に企業の会社説明会に参加することで、新たな発見があるでしょう。ただし、くれぐれも体力面・時間面での無理は禁物です。

次に「先輩に話を聞くこと」も、12月という就活解禁の当初からやっておきたいことの一つです。同じ大学や同じサークル、同じ学科の身近な先輩に就職活動の体験談を聞きましょう。これから先輩達は卒業旅行や卒業論文で忙しくなります。テスト前の12月がまさにチャンスといえるでしょう。
また、3月、4月の企業が多忙になる時期を避けて、早めにOB・OG訪問をすることもよいでしょう。

最後に、できればやっておいたほうがいいことは「お金を貯めておくこと」です。今後1月、2月、3月と就活が本格化してくると、会社説明会・筆記試験・面接などに、ほぼ毎日参加するようになります。その際にかかる交通費や食費、履歴書に貼る写真代などは節約を意識してもある程度の額になります。比較的時間に余裕のある今の時期に、「できるだけお金を貯める」「両親と就活中の費用について話す」などして準備しておきましょう。

就活が解禁になったとはいえ、むやみに焦る必要はありません。「今、自分に必要なことは何か?」を考え、すべきことを冷静に見極めるとともに、着々と準備をしていきましょう。

参照データ・参考サイト
就活スタート、会社説明会が解禁 学生らでにぎわう:MSN産経ニュース
ぼくらの就活面接・関連コンテンツ

就活と英語(TOEIC)|就活の中でも重要視される英語やTOEICについて、どう対策する?