OB・OG訪問をしよう -メリットや流れなどを解説-

OB・OG訪問をするメリット、流れなどについて解説!おすすめのサービスも

OB・OG訪問は、実際に社会に出て働く先輩に、働いている企業の雰囲気や仕事の忙しさなど、企業研究・業界研究を行ううえで、参考になる情報を手に入れられる貴重な機会です。選考に必須ではないものの、実際に働いている人の声を聞くことは意外に少なく、それまで知らなかった情報や、重要な気付きが得られることも少なくありません
しかし、「連絡を取れるOB・OGに心当たりがない」「わざわざ出向くのが面倒」という人も多いはず。そこで今回は、OB・OG訪問のメリットや流れについて解説します。また、おすすめのOB・OG訪問向け就活サポートサービスについても紹介。本特集を参考に、OB・OG訪問に挑戦してみましょう!

OB・OG訪問をするメリット

企業や業界の具体的な情報を手に入れられる

OB・OG訪問をすると、実際に働いているからこそわかる情報を、教えてもらうことができます。仕事の忙しさや部署の雰囲気、一日の流れなど、目指す企業・業界の具体的な情報を掴める点が、大きなメリットです。また、具体的な仕事のイメージができることは、入社後のミスマッチ防止にもつながります。給与や有給の取りやすさといった、各企業の人事担当者には聞きにくいことについて聞ける点も、OB・OG訪問のポイント。

志望動機に深みを出すことができる

OB・OG訪問では、「その企業のどこがいいか」「競合他社とどこが違うか」といった、その企業ならではの魅力を聞くことができます。そこで自分が感じたことを上手く志望動機に織り込むと、OB・OG訪問をしていない人と比較して、深い志望動機を書けるはずです。

就活中の実践的な話が聞ける

OB・OG訪問では、面接で聞かれた質問や自己PRの仕方、筆記試験の傾向や勉強法など、幅広く聞くことができます。ただし筆記試験や面接の内容は、OB・OGの人が受けたときから変更されている可能性も高いため、参考程度に留めておきましょう。

選考で有利になる企業・業界も

一部企業では、OB・OG訪問をした人数を、面接やエントリーシートで聞かれることがあります。特に、総合商社や金融業界、一部大企業では、「OB・OG訪問をした人数=志望度の高さ」としている場合があるため、自分が希望している企業・業界はOB・OG訪問を重視しているか、事前にチェックしておきましょう。

 PAGE TOP

OB・OG訪問の流れ

アポイントメントを取る

OB・OG訪問をするために、まずは会う約束をしましょう。興味のある業界や、入社したいと考えている企業で働く人に会うのが理想です。連絡先を知っているOB・OGに心当たりがない…という人は、大学のキャリアセンターに問い合わせるのがおすすめ。また、サークルや部活に所属している人は、在学中の先輩に会ってもらえそうな人がいないか聞いてみるのも、1つの方法でしょう。他にも、ゼミの先生に紹介してもらう、就活サポートサービスを利用するなどの方法があります。

OB・OGに連絡をするときは、メールまたは電話で、アポイントメントを取ります。業務中は忙しく、電話に応対できないことが多いため、基本的にはメールで連絡をするのがおすすめ。ただし、急いでアポイントメントを取りたい場合や、メールの返信がない場合は、電話をするのが最も早い連絡手段です。会社の電話へかける場合は、業務時間内に。おすすめの時間帯は、忙しさがひと段落した午後です。また、携帯電話にかける場合は、遅くとも21時前までに連絡しましょう。

OB・OGの連絡先を手に入れる方法

  • 大学のキャリアセンターにある連絡先へ直接問い合わせる
  • OB・OGと連絡を取れる就活サポートサービスを利用する
  • サークルや部活の先輩に紹介してもらう
  • ゼミの先生に紹介してもらう
  • 企業の人事部に直接問い合わせて紹介してもらう など

≪ おすすめのOB・OG訪問サービス ≫

 ビズリーチキャンパス
ビズリーチキャンパス・画像

大学のOB・OGと連絡を取り、直接話すことができる就活サポートサービス。2017年12月現在、東京大学、慶応大学など全国39の大学に対応している。学生は、無料登録で自分のプロフィールを記入すると、自分に合ったOB・OGが自動的にレコメンドされる。気になるOB・OGを選び、「話を聞きたい」ボタンを押すだけで、簡単に訪問依頼を送ることが可能。依頼後は、メッセージでやり取りができるため、簡単にOB・OG訪問ができる点が大きな魅力。対応している大学数が少ない点には注意が必要だが、チェックしておいて損はないサービスだろう。

 VISITS OB
VISITS OB・画像

OB・OG訪問を通して、学生のキャリア観の育成を目的とするマッチングサービス。学生は利用登録をすると、所属大学を卒業したOB・OGのプロフィールを閲覧できるようになる。話を聞きたい人を選び訪問リクエストを送ることで、マッチングが成立。アクセンチュアや博報堂、PwCなど様々な企業の社員が登録しており、幅広い業種・職種の人と話す機会が得られる点が嬉しい。就活生以外に、大学1年生や2年生も利用可能となっているため、早い時期から就活に向けて活動したいと考えている学生にもおすすめのサービス。

訪問する

OB・OG訪問をするときは、会社に直接訪ねていくのではなく、どこかで待ち合わせをするのが基本です。待ち合わせ場所は、カフェやファミレス、オフィスの一室などが一般的。多くの場合、時間が限られているため、訪問する前に必ず質問を書き出して、聞き漏らしがないよう準備しておきましょう。また、OB・OGの勤務先についても、事業内容や商品・サービスの名称等を間違えると、失礼にあたるため、事前にしっかりと企業研究をしておくことが大切です。挨拶や服装などマナーに気を付け、遅刻をしないよう、早めに目的地へ着くようにしましょう。

 PAGE TOP

まとめ

まとめ

OB・OG訪問特集はいかがでしたか?
OB・OG訪問は、多少の手間はあるものの、参考になる情報を得られる重要なステップです。また、事前に希望の業種・職種に関する情報を集めておくことで、企業とのミスマッチを防ぐことにもつながります。本特集を参考に、OB・OG訪問をしてみましょう!

 PAGE TOP