就職面接のお礼状・お礼メール

マナーにのっとったお礼状・封筒の書き方、縦書きでの文章作成例を解説。

面接が終わったあとのお礼状・お礼メールは必須のステップではありませんが、本気で志望する企業の選考を受ける際や、面接でのやりとりの中で担当者の言葉に感銘を受けた場合など、就職面接の担当者に改めて伝えたい想いがあるときは、お礼の手紙やお礼メールを送ると良いでしょう。

就活の選考は実力だけではなく、運も関係します。もしかするとお礼状やお礼メールによって担当者が名前を憶えてくれてギリギリのところで選考を通過するという事もありえます。本気でその企業に入りたいと思うのであれば、就職面接を受けた後のお礼状はきちんと送るようにしましょう。書面は翌日ないし2、3日中に投函、メールの場合も当日か翌日の内には送信するのがベターです。

書面かメールかで迷った場合は、送る企業の社風や担当者の年齢・役職に合わせて選ぶことをおすすめします。メールでのお礼状も浸透してきていますが、やはり書面の方が礼式として丁寧であるとされています。

面接のお礼状

書面でのお礼状

  1. 白の便せんに黒の万年筆かボールペンで書きます。新卒採用の場合は特に手書きのものが好まれます。
  2. 縦書きが一般的ですが、横書きでも問題はありません。
  3. 書面で送る場合、時候の挨拶や「拝啓」「敬具」は忘れずに入れてください。
  4. 誤字・脱字に注意し、間違えてしまった場合は極力新しい紙に書きなおします。
  5. 封筒の表書きも失礼がないよう正しく丁寧に書いてください。
  6. 担当者の氏名が分からなければ「人事採用ご担当者様」などと書くか人事課宛に送ります。
  7. 部署宛に送る際は、忘れずに「御中」と書いてください。

 PAGE TOP

お礼状は面接の結果に影響しない?

ポスト

お礼状の有無で面接や選考の結果が覆ることはありません
ただし、丁寧な封筒の表書きや読みやすさに配慮したメールから、その人の人柄が感じられることは少なからずあるでしょう。反対に、送られてきたお礼状が走り書きの雑な文字であったり、社名を間違えているようなものであったりすれば、企業側はマイナスの印象しか持ちません。

お礼状は選考の材料にはなりませんが、この先も同じ企業での選考過程が続いていくようであれば、ある種の「イメージ戦略」にはなりえるかもしれません。

面接のお礼メール

メールでのお礼状

  1. 件名は一目で用件が分かるよう「面接のお礼」など分かりやすいタイトルを心がけます。
  2. 時候のあいさつは書かなくてかまいません。冒頭でメールの用件を簡潔に伝えます。
  3. (株)などの略式表現は避け、社名部署名とも正式名を書きます。メールの作成では誤字に気付きにくいので得に注意が必要です。
  4. 担当者の氏名が分からなければ「人事採用ご担当者様」などと書くか人事課宛に送ります。

 PAGE TOP

就職面接のお礼メールはスピードを重視

スマートフォン

就職面接のお礼をメールで送る場合は、当日中か、遅くとも翌日には送信するように心がけましょう
就活では、お礼状に限らず、説明会の案内や面接の日程調整など、企業とメールでやり取りする機会が多くなります。メールによる連絡でもっとも重視されるのは、もらったメールに対してできる限りすぐに返信すること(=レスポンスの速さ)です。
特にIT業界などメールの使用頻度が高い業界を志望する学生は、スマートフォンやノートパソコン等で、すぐにメールの確認・返信ができるようにしておくのがおすすめです。

就活でスマートフォンを活用する人におすすめなのが、スマートフォン料金を携帯キャリアの提携クレジットカードで支払う方法です。
毎月の携帯電話料金に対して通常のカード利用分よりも多めのポイントがもらえるポイントアップサービスや、通信料金の割引、携帯電話故障時の補償など、スマートフォン利用者にとって嬉しいサービスが多数付帯。年会費も、無料、もしくは条件次第で無料となるため、自分が利用しているキャリアの提携カードをチェックし、上手に活用してみましょう。

NTTグループカード [年会費] 無料
※WEB明細希望の場合
[ポイント還元・特典] 
  • カードの利用額に応じてNTTグループの通信料金が最大60%OFF
  • オンラインショッピング安心サービス付帯
au WALLET
クレジットカード
[年会費] 初年度無料
※au料金の支払いで
2年目以降も無料
[ポイント還元・特典] 
  • カード利用額100円につき1ポイント(1ポイント1円還元)
  • 海外旅行傷害保険無料付帯