第二新卒の転職理由

第二新卒の転職理由―最も多い転職理由は?面接で好印象を与える伝え方も

新卒で入った会社を転職する理由とは?転職を考えている第二新卒を対象にした調査結果を紹介。

10人に3人が入社から3年以内に離職するといわれる現代。入社3年以内の第二新卒が転職するのも珍しくありませんが、気になるのはその理由。
なぜ一般的な転職時期よりも早いタイミングで転職するのか、第二新卒の転職理由に関する調査結果が転職サイト「Re就活」から発表されています。

今回はその調査結果を元に、第二新卒の転職理由について分析。さらに、面接で好印象を与えられる転職理由の伝え方についても解説します。
転職しようか迷っている第二新卒の方、面接で転職理由をどう伝えるか悩んでいる方はぜひ参考にしてください!

第二新卒の転職理由 トップは「○○したい」

Re就活が20代の会員400名を対象にした調査によると、第二新卒の転職理由は以下の通り。

第二新卒の転職理由

  • 1位 やりたい仕事に挑戦したい…37.8%
  • 2位 人間関係が合わない…26.2%
  • 3位 残業が多い/休日が少ない/土日祝に休みたい…26.2%
  • 4位 仕事が合わない…24.9%
  • 5位 給与が不満…18.2%

※複数回答可

1位に輝いたのは「やりたい仕事に挑戦したい」。自分のやりたいことをやるために転職するという、前向きな理由がトップとなりました
一方、2位以下の転職理由は会社への不満が目立ちます。人間関係や給与、労働時間など、働く環境が自分に合っていないと、転職へ踏み出す大きな理由になるようです。

 PAGE TOP

どうすれば好印象? 第二新卒の転職理由を上手く伝えよう

調査結果を参考にすると、第二新卒の転職理由は、やりたい仕事へ挑戦したいという気持ちと、会社への不満に大きく分けられます。おそらく、その2つが重なったことにより転職を決意した方もいるでしょう。
転職理由に正解はありませんが、選考に挑む際「会社への不満」が強い人は伝え方に工夫が必要です

転職理由は常に前向き!不満は絶対にNG

転職理由は常に前向き!不満は絶対にNG・イメージ

転職理由を採用担当者に伝えるときの鉄則は、「転職前の会社への不満・批判を絶対に言わない」こと。たとえそれが真実であっても、採用担当者からすると「自社への批判を外部へ漏らす人」というイメージがついてしまいます。不満が転職理由となったことは採用担当者に伝えず、前向きな気持ちのみをアピールするようにしましょう。
さらに、第二新卒ならではのアピールポイントとしても、「○○に挑戦したい」という気持ちは非常に大切です。一般的に、第二新卒は即戦力として採用されるわけではなく、新卒採用のように今後の成長を見込んで採用されます。つまり、面接でPRすべきなのは、「この気持ちがあれば入社後も伸びるだろう」と思わせるような熱意。
会社に不満があり転職を決意したという方も、選考に進む際は前向きな気持ちに絞ってアピールしましょう。

第二新卒向けのサービスで転職理由をブラッシュアップ

前向きな転職理由を考えるのが難しいという方は、転職サイトの自己PR例や経験談を参考にするのがおすすめ。サイトによっては実例を紹介しています。

≪ 第二新卒向け転職サービス ≫

 Re就活
Re就活・画像 第二新卒の求人に特化した転職サイト。
第二新卒向けのノウハウも豊富で、自己PRの例文集や転職成功者の体験談など、参考になるコンテンツを多数掲載している。
 DODA
DODA・画像 第二新卒の求人を多数保有する大手転職サイト。
第二新卒向けページでは業種別の職務経歴書をダウンロード可能。さらに第二新卒を採用するさい人事が見ているポイントやアピールすべきポイントを詳細にまとめている。

また、誰かに相談したいという方は、転職エージェントを利用して、キャリアカウンセラーに相談するのも良いでしょう。転職エージェントは、求人の紹介から面接対策までキャリアカウンセラーが転職者をサポートしてくれるサービス。転職サイトと同じく無料で利用が可能です。

≪ 第二新卒向け転職エージェント ≫

 リクルートエージェント
リクルートエージェント・画像 求人数は総計9万件以上と、数ある転職エージェントの中でもトップクラスの求人数を誇り、第二新卒向けの求人も豊富に用意。また、第二新卒向けの特設ページでは、リクルートエージェントを利用し、転職に成功した第二新卒の経験談を数十人分も掲載するなど、第二新卒の就活支援にも力を入れている。
 アイデムスマートエージェント
アイデムスマートエージェント・画像 第二新卒の就活に強みを持つ転職エージェント。
アイデムスマートエージェントは、関東・関西地域を中心に、全国1,000件以上の第二新卒向け求人を取り扱う。サイト上では紹介求人を閲覧できるので(会社名は非表示)、興味がある人は希望の求人があるかどうか確認してみると良いだろう。

「第二新卒の転職理由」特集はいかがでしたか?
自分の転職理由を見つめなおすことは、今後のキャリア形成やスキル習得にも大きく影響します。
この機会に一度自分の転職理由を掘り下げてみてはいかがでしょうか。

 PAGE TOP