第二新卒が大手へ転職

第二新卒が大手へ転職 採用を左右するポイントとは?求人が見つかる方法も

第二新卒が大手へ転職するためには、ライバルとの差別化が重要。採用担当者が評価するポイントとは?

近年活性化している第二新卒の転職。就活のリベンジを果たすリベンジ転職も話題となっており、大手や有名企業への転職を志す第二新卒が増加しているといわれています。
ただ、第二新卒の方は社会人としての経験が浅く、現在のスキル・実績で大手へ転職することができるかどうか、不安に思っている方も多いでしょう。
結論から述べると、第二新卒でも大手への転職は十分に可能です。ただし、転職を成功させるためには、採用担当者が第二新卒へ求めているものを正確に把握し、アピールしなければなりません。本特集では、採用を左右する重要なポイントを解説していきます。

※本特集では、第二新卒を「社会人経験2~5年程度の若手転職者」と定義しています。詳細な基準は、採用を行っている各社によって異なります。

第二新卒向け 大手企業の攻略法

第二新卒向け 大手企業の攻略法・イメージ

第二新卒を採用する際、企業が重視するポイントをご存知ですか?それは「採用した後長く働いてくれるか」。第二新卒は前職の在職期間が短い分、こらえ性がなすぐに辞めてしまうのではないかと採用担当者は不安を感じています。そのため、第二新卒は「熱意」や「やる気」をアピールし、すぐには辞めないことを納得させる必要があるのです

「熱意」「やる気」を伝えるためには、面接での自己PRに加え、1つ1つの積み重ねが効果を発揮します。例えば、履歴書・職務経歴書。多数の転職者を見てきた大手の採用担当者は、使い回しが効くテンプレートが多用された履歴書・職務経歴書を一目で見抜きます。手間がかかっても、志望企業に最適化した履歴書・職務経歴書を提出したほうが好印象を与えられるでしょう。
また、長く働きたいという意思をはっきり伝えることも忘れずに。熱意を伝えて終わりにするのではなく、採用担当者が気になるポイントは直接言葉でフォローしましょう。

ここまでが、第二新卒採用における基本中の基本。大手の企業を目指す際は、さらに在職年数に応じたアピールを練り上げましょう。

在職2年以内のケース

新卒として入社して2年以内の第二新卒は、即戦力としてのスキルをほぼ期待されていません。そのため、前の項目で説明したような「熱意」が大きなアピールポイントです。
しかし、ライバルが多い大手の第二新卒採用を勝ち抜くためには、熱意+αが必要。例えば、以前の仕事での経験を新しい仕事で活かせるというアピール。社会人経験が短いことは認めながらも、新しい仕事でその経験を活用したいという前向きな姿勢は、評価の対象となるでしょう。

ちなみに、競争率が非常に高い人気企業では、そもそも未経験の第二新卒を採用しないケースもあります。その場合、まずは志望業界の中でも比較的競争率が低い中小企業へ転職し、そこで実績を積んでから大手を目指すという選択肢を検討しましょう。

在職3年以上のケース

「社会人となって3年以上経っているのであれば、それなりのスキル・経験を身につけているはず」というのが、大手の採用担当者の考え方です。同業界の大手企業へ転職を考えている場合、仕事への熱意を伝えるのはもちろんのこと、培ったスキル・経験での差別化が必要でしょう。また、20代中頃は未経験での転職も可能ですが、その場合も経験ベースの自己PRを挿入していきましょう。
業界・業種が異なっても、社会人として働く以上、重なる部分は必ずあります。例えば、顧客の心をつかむ工夫や、プロジェクト進行での苦い経験など、今までの経験をよく思い出してみてください。

 PAGE TOP

大手の第二新卒求人を探すコツ

大手転職サイトが有力 コーポレートサイトも忘れずに

大手の第二新卒求人を探す際は、大手転職サイトが有力な選択肢。大手転職サイトは求人の掲載料金が高く、資金力がある大手企業が求人を出しやすいためです。転職サイトの中でも規模が大きい「リクナビNEXT」「マイナビ転職」は一通りチェックしておくと良いでしょう

≪ 大手転職サイト ≫

 リクナビNEXT
リクナビNEXT・画像 国内最大級の求人を誇る、2大転職サイトの1つ。大手の求人、第二新卒向けの求人が充実しており、常にトップ企業の求人を見つけられるでしょう。
その他にも、第二新卒の特集ページを設置。一度はチェックしておきたい転職サイトです。
 マイナビ転職
マイナビ転職・画像 充実のサービスと大手求人が魅力の転職サイト。
求人検索はもちろんのこと、ネット上で履歴書の添削を依頼できる「履歴書コーチ」が人気を集めています。大手求人も多数取り扱っており、リクナビNEXTとともに利用したい転職サイトでしょう。

また、忘れてはいけないのが、コーポレートサイトのチェック。人気が高い大手企業は転職サイトには求人を出さず、自社サイトでのみ告知するケースがあります。志望企業が決まっている人は、必ずコーポレートサイトを定期的にチェックしましょう。

転職エージェントで非公開求人に応募する

転職エージェントとは、キャリアカウンセラーから直接求人を紹介してもらえる対面型の転職サービス。求人は一般に公開されておらず、登録した転職者のみ応募することが可能です。こちらのサービスを利用している大手企業も多いため、できるだけ登録しておくと良いでしょう。

≪ 大手転職エージェント ≫

 リクルートエージェント
リクルートエージェント・画像 非公開求人約12万件を有する最大手の転職エージェント。総合人材サービス会社として培ったネットワークを活かし、大手企業の求人を有しています。全国10箇所以上に支社を持ち、利便性が良い点も嬉しいポイントです。
 DODA
DODA・画像 非公開求人約10万件とリクルートエージェントに告ぐ求人数を誇る転職エージェント。地方の求人が充実している点、IT・通信系やメーカー、サービス業界に強い点が特徴です。

第二新卒が大手へ転職することは決して不可能ではありません。熱意を忘れず、冷静に戦略を立て、選考に挑みましょう。

 PAGE TOP