HOME > 就活の基本 > 就活の費用

就活の基本

楽天学割

SPECIAL INTERVIEW 就活生必見!楽天学割の魅力

面接相談室|「正解」のない就活の疑問や悩みを編集部が一緒に考え、わかりやすく回答。

就活でかかる費用

就活でかかる費用は主に、「リクルートスーツ」「証明写真」「交通費」「宿泊・食事」の4点です。特に「交通費」や「宿泊費・食費」の部分では、東京など首都圏在住の就活生と、地方在住で就活のため上京する就活生とでは、かかる費用が大きく異なります。それぞれに必要となる費用を確認して、就活本番に備えましょう。

就活をはじめる前に

就活シーズンに入ると、学業と就職活動の両立でアルバイトをするのが難しくなってしまいます。就活本番を迎える前には、あらかじめ必要になる費用を準備しておきましょう

また、就活に必要なリクルートスーツや宿泊費等の支払いに大学生向けのクレジットカードを活用するのもオススメ。大学生を対象としたクレジットカードは、通常よりもポイントが優遇される等、お得なサービスを提供しているものが多く、カードによっては2%近いポイント還元を期待できます。カードのポイントは、貯めることで商品券やマイル、電子マネーなどに交換でき、その分、就活にかかる費用を節約することが可能
ポイント還元以外にも、クレジットカードを利用することで新幹線やバスの乗車券、宿泊費用などの支払いを、よりスムーズに行うことができるため、まだカードを持っていない人は入会を検討してみましょう。

大学生の申し込みに対応したクレジットカード

学生専用ライフカード 学生専用ライフカード
年会費:永年無料
  • 海外ショッピング利用5%キャッシュバック(事前申し込み)
  • 2,000万円までの海外旅行傷害保険を無料付帯
  • 誕生日月ポイント5倍
三井住友VISAデビュープラスカード 三井住友VISA
デビュープラスカード

年会費:初年度無料
※年一回の利用で翌年度年会費無料 <
  • 満18歳から25歳限定、
    はじめてのクレジットカードに最適な1枚
  • ポイントが常時2倍※入会後3カ月はポイント5倍

更に詳しく

リクルートスーツの費用

就活でまず必要となるのがリクルートスーツです。
リクルートスーツの費用は、平均して5万円前後。就活生向けのスーツコーナーでは1万円台のスーツも取り扱っていますが、上下スーツの他に「ワイシャツ」や「靴」「カバン」、男性であれば「ネクタイ」、女性であれば「ストッキング」や「メイク道具」など、スーツ以外の出費も少なくありません。
また、冬の就活にはコートも欠かすことができないアイテム。就活最盛期には、ワイシャツ・靴下・ストッキングも複数枚が必要になります

  男性(各1組) 女性(各1組)
リクルートスーツ 15,000〜40,000円 15,000〜30,000円
靴・パンプス 10,000〜15,000円 6,000〜10,000円
シャツ 2,000〜5,000円 2,000〜5,000円
ベルト 2,000〜5,000円 2,000〜5,000円
カバン 4,000〜10,000円 4,000〜6,000円
ネクタイ 2,000〜5,000円
小計 35,000〜80,000円 29,000〜57,000円
コート 15,000〜30,000円 10,000〜30,000円
就活セット 30,000円前後

※【男性】リクルートスーツ、シャツ、ネクタイ、靴、ベルト、ソックス等、各1点のセット
※【女性】リクルートスーツ、シャツ、靴、バック等、各1点のセット

なお、スラックスや革靴、パンプスなどは、就活が長引くにつれて傷んできます。使い終わった後、汚れを落とす等のメンテナンスが必要なことはもちろん、2組以上用意して交代で休ませながら着用すると長持ちさせることができます。就職後も使い続けられるものを購入しておけば、結果的に費用を抑えることができるでしょう。

証明写真の費用

証明写真にかかる費用は、利用する写真館、エントリーする企業数によって大きく異なります。証明写真にかかる費用は主に、「撮影料金」と「焼き増し料金」に分けることができます。

証明写真の費用・画像

焼き増し料金は一枚当たり300〜600円前後と写真館によって大きく異なります。就活では何枚もの証明写真が必要になるため、撮影料金は高くても焼き増し料金の安いお店を選ぶなど、「撮影料金」と「焼き増し料金」のバランスを見て選びましょう

多くの写真館では修正までが撮影料金に含まれていますが、ヘアメイクやCD-ROMへの写真データの書き出しは別料金となっている場合が少なくありません。基本の撮影料金にどこまでのサービスが含まれているかも写真館を比較する際の大切なチェックポイントです。

交通費

リクルートスーツと並び、就活で必ず必要となるのが説明会会場や面接会場までの交通費です。ここでは主に、就活のため、地方から東京に上京する学生の交通費について紹介します。

飛行機 (東京-大阪間往復22,000円〜)

就活生が飛行機を利用する際に活躍するのが、JALやANAなど多くの国内線で導入されている「スカイメイト」サービスです。満12歳から22歳の学生を対象に、当日発の航空券を半額近い価格で購入することができます
ただし、購入できる航空券が当日分のみとなる点、マイルの積算率が区間マイルの75%となる点には注意が必要です。

JAL、ANAのスカイメイトを利用する場合、両社が発行する学生専用カードに入会すると、当日のチェックインや発券をスムーズに行うことができます。在学期間中はカードの年会費も無料となり、スカイメイトの積算マイルが75%から100%にアップするなどお得な特典も多いため、スカイメイトを利用する際は合わせて検討してみてはいかがでしょう。

スカイメイトをお得に利用できるJAL、ANAのカード

JALカードnavi(学生専用) JALカードnavi(学生専用)
年会費:
在学期間中無料(通常2,000円)
クレジット利用
100円=1マイル(特約店の利用は100円=2マイル)
サービス内容
  • 搭乗区間マイルの100%を積算+毎年初回搭乗ボーナス10%
  • 最大6割引きのマイル数で特典航空券に交換可能
  • 卒業後の継続利用で2,000マイルプレゼント
    ※卒業後は通常のJALカードnaviに自動移行
ANAカード(学生用) ANAカード(学生用)
年会費:
在学期間中無料(通常1,207円)
クレジット利用
ANAカードマイルプラス加盟店の利用で100円=1マイル(または200円=1マイル)
サービス内容・入会キャンペーン
  • 搭乗区間マイルの100%を積算+搭乗ボーナス10%
  • 卒業後の継続利用で2,000マイルプレゼント
    ※卒業後はANAカード(一般)に自動移行

更に詳しく

新幹線 (東京-大阪間往復14,000円/学生割引適応・自由席)

時間の自由度が高く、在来線とのアクセス良さなど、利便性の高さが新幹線の最大のメリットです。
新幹線の利用では、片道601キロ以上の区間で運賃が1割引きとなる「往復割引乗車券」、学生・生徒旅客運賃割引証を提示することで2割引きの運賃で購入できる「学生割引乗車券」を利用することで交通費を抑えることができます。(※運賃にプラスされる特急料金は割引対象外。往復割引と学生割引は併用可能)
学生・生徒旅客運賃割引証は、事前に学校の事務室や学生課に申請して発行してもらう必要があります。

夜行バス (東京-大阪間往復6,000円〜)

飛行機や新幹線と比べて格段に交通費を抑えることができるのが夜行バスのメリットです。
ただし高速バスの夜行便の場合、目的地への到着が早朝となることが多く、ゆっくり休むことができない・到着後の空き時間が長い等の問題点があることを留意しておきましょう。
最近では、夜行バス各社が就活生をサポートするサービスを展開。バスの到着後に休憩ラウンジを無料で利用できるなど、就活シーンでも利用しやすくなっています。

夜行バス会社の就活支援サービス

VIPライナー・画像
VIPライナー
就活生特典
「VIP ラウンジ」を1日無料で利用可能
対象
VIPライナーサイト上から当日発、当日着いずれかのバスを予約した就活生 (企業説明会の案内等の提示が必要)
サービス・設備内容
パウダールーム/PC(プリントサービス有料)/無線LAN/フィッティングルーム/フットマッサージ/携帯充電器(有料)など
就活生特典で利用できるラウンジ
東京/新宿二号館/大阪/京都/なんば/名古屋
(※新宿一号館では就活生の無料利用はなし)

企業から交通費は出る?

企業から交通費は出る?・画像

応募企業から就活費が支給されるのは、「二次選考以上」「最終面接時のみ」など、ある程度選考が進んでからというのが一般的です。また地方在住の就活生など面接会場までの距離によって交通費の支給額や有無が変わる場合もあります。
いずれの場合も企業から必ず交通費が支給されるというルールがあるわけではないので、交通費も「就活の費用」の一部として、事前に備えておく必要があります。

コラムエリア

宿泊費・食費

東京での就活スケジュールが詰まってくると、交通費以外に宿泊費が必要な場面が出てきます。
また、東京や首都圏在住の就活生も、一日で複数のスケジュールをこなす場合は、外食費やカフェ代等で食費がかさみがちです。
特定の日程にスケジュールを集めることで交通費を節約することはできますが、同時に発生するこれらの費用も合わせて考えておきましょう。

ビジネスホテル

就活時の宿泊先として最もベーシックなのがビジネスホテルです。ビジネスホテルを選ぶ際は、宿泊料金や会場までのアクセスに加えて、騒音・インターネット環境なども大切なポイントです。
予約前にホテルの設備や立地を、口コミなども参考にチェックしておくと良いでしょう。

お役立ちサイト

じゃらん.net・画像

2万3,000軒以上の宿泊施設と、約78万件の口コミを掲載する宿泊予約サイト。宿泊日の直前に格安で宿を予約できる直前割引プランも。

コラムエリア

ウィークリーマンション・マンスリーマンション

説明会や面接のスケジュールが詰まっている場合には、家具付きのウィークリーマンションやマンスリーマンションを借りて、活動拠点を東京に移すという方法もあります。
学業との兼ね合いを取ることができれば、費用面から見ても有利な方法の一つです。

お役立ちサイト

レオパレス21・画像

仲介手数料無料で、家具・家電付きのマンスリーマンションの情報を豊富に掲載。最短30日〜の「短期プラン」など、就活シーンでも利用しやすい契約プランを用意。

コラムエリア

面接の服装|就活に挑む学生としてふさわしいスーツ、髪型、メイクとは?